腎臓病食は宅配サービスを利用しよう|健康フードで病気治療

夫婦

腎臓病での食事療法の工夫

女の人

塩分とタンパク質に注意

腎臓病には初期症状がないので、気がついた時には悪化していることが多いのです。症状が出るとしたら尿ですが、肉眼ではほとんど見分けがつかないので、定期的に尿検査をすることが必要です。慢性腎不全になると腎臓の機能は回復困難になり、他の臓器にも影響を与えます。腎臓病を予防するためには日常生活のおくり方がとても大事になります。不規則な生活を避けて、過労やストレスは厳禁です。特に食生活の改善は重要で、塩分を減らしてタンパク質を取りすぎないようにすることです。また加工食品を避けて生の食品を選ぶことも必要です。エネルギー摂取量が不足すると、身体のタンパク質が分解されて腎臓に負担がかかります。適量のエネルギーを摂取することも大事です。

主婦の負担を減らす方法

腎臓病にかかってしまったら薬物療法と併行して食事療法が行われます。基本的に予防のための食事をすればいいわけですが、腎臓病を発症しているのでより厳密に食事療法をする必要があります。入院中は腎臓病食が出るので安心ですが、家庭で療養する場合に主婦が毎食ごとに腎臓病食を作るのは大変な負担です。その場合は宅配弁当にするなどの工夫が大切です。最近の宅配弁当には腎臓病食が用意されており、管理栄養士がしっかりと管理しているので安心して食べられます。しかし、1日3食を宅配の腎臓病食にすると家計に負担がかかります。昼だけとか夜だけのように1食分を宅配にするだけでも、負担はかなり軽減されます。主婦が調理する場合も塩分を避けるために、天然のだしをきかせるように工夫すると薄味でもおいしく食べることができます。

Copyright© 2016 腎臓病食は宅配サービスを利用しよう|健康フードで病気治療 All Rights Reserved.